2008年12月22日

コンフューザーというモノ

だいぶ一般の方々の中でも知名度が高まってきたと思われますコレ。
 
blog1222-1.jpg
 
コンフューザー」、漢字で書くと「交信攪乱剤」。
 
害虫のメスが発するフェロモンに似た物質を人工的に作り出し、園内に漂わせることでオスを混乱させて交尾を阻害し、個体数の増加を抑えるアイテムです。
 
殺虫剤を散布することなく害虫を抑制するので、減農薬の手段のひとつとなっています。
 
率直に言って、効果のほどを現場レベルで確かめることは困難です。
 
うちの地域の桃栽培でこれを設置した場合、慣行に比べて殺虫剤の散布を2〜3回(種類)減らすことになっていて、それでも目立った被害の増加はないので、有効なのかもしれませんが、ひょっとしたら設置しなくても関係なかったのかも
 
それなら設置した畑とそうでない畑を両方つくって比べればいいじゃないか
とおっしゃるむきもあるかと思いますが、これの効果はあくまで交尾の阻害であり、外から成虫がすっ飛んできたら意味がない。つまり、広範囲で実行しなくてはそれほど効果がないのです。
 
逆に設置した範囲の真ん中に非設置区をつくっても、周囲で繁殖が抑えられているから、非設置区でも発生は少ないかもしれない。
 
それならと、離れたところで試験しても、場所によって年によって害虫の発生状況はさまざまなので、単純な比較は難しいのです。
 
しかも対象となる害虫は限定されます。対象外の害虫には別の防除手段を考えなくてはなりません。
 
農業において「効果が未知数」というものはたくさんあると思います。
 
肥料など、撒いたうち、どのくらいが対象作物に吸われているかはほとんど分かりません。
窒素なら作物の様子である程度はわかっても、カリやリン酸に関しては
「効いた気がする」程度の認識になってしまいます。
しかも、効くには効いたけど、散布量の何%が吸収され、どのくらいが無駄になったのかはわからない。
 
いわんや微量要素に関しては、特別な不足害や過剰害が顕著に現われていなければ、まったく闇です。
 
農薬は肥料に比べると効果は分かりやすいですが、
「使わなかった場合、どうだったか」は使ってしまった後ではもちろんわかりません。
「ひょっとしたらこんな高い薬でなくても大丈夫だったかも・・・」
「天敵の被害を考えたら使わないほうが良かったのかも・・・」
 
 
とくに屋外で、土壌の助けを借りて行う農業は、いわば「効果が未知数なもの」との格闘でしょう。
 
誰もが悩みながら作物を管理している(と私は思っている)。
 
コンフューザーだけが特別ではないのですが、問題はこの資材が高価であること。
 
blog1222-2.jpg
 
見づらいのですが、桃の害虫モモシンクイガなどに有効なコンフューザーは一本91円
34アールの面積で410本、3万7310円。
こんな(上段写真)輪っかが缶ジュースと同じくらいの値段です。
半額は補助が出ますが、
この補助も農協の売上げその他から出ているわけですから、周り巡って自分がはらうことになります。
税金からの補助なら皆さんが払っているのです。
 
他産業の行う投資に比べれば微々たる金額なのかもしれませんが、「効果が未知数」なものに
お金を払うことは、常にジレンマをともないます。
 
そしてあらためて
 
安心は無料では買えない」世の中なのかもしれません。
 
posted by 鶴岡農園 at 15:16| 桃編

2008年11月14日

青空に舞う

blog1114.jpg
 
爽快な秋晴れの空に舞い上がるのは、「ワラ」です。
 
桃の改植予定地に切り刻んだワラをすきこんで、土壌改良を行います。
posted by 鶴岡農園 at 17:57| 桃編

2008年11月12日

久しぶりの「桃編」です

ふじの収穫はまだ本格的にならないので、間の時間を利用して、
桃の改植(古い樹を伐って新しく苗木を植える)準備をしました。
 
blog1112.jpg
 
堀り上げた切り株を軽トラに積み込んでいる様子です。
 
重機を動かしているのは私ではありませんよ。
 
バックホーも持っていないし、運転もまともにはしたことはありません。
 
ので!
 
ここはアウトソーシング。
頼んでやってもらってます。
 
軽トラで運んで降ろすのは自分でやりましたが、その時に、
足の中指を少しつぶされました(TT)
たいしたことはなかったけど、気をつけなければいけませんねー
posted by 鶴岡農園 at 00:00| 桃編

2008年10月14日

雨の降る前になんとか

昼過ぎから雨の予報だったので、それまでに終わらせておきたかったのが
ワラ運び
 
今年は桃・リンゴの苗木の防寒と、桃の植え替え予定地の土壌改良に使うために、
近所の米を作っている農家さんにワラを分けてもらいました。
 
blog1014-1.jpg
 
うんしょっ・・と。
運びやすいようにワラを束ねます。ここでしっかり縛っておかないと、
あとが大変。
 
blog1014-2.jpg
 
軽トラ満載でうちの畑に移動します。
実際に使うのはまだですが、
必要量が確保できて一安心わーい(嬉しい顔)
 
最近は稲ワラも使い道がなくて、ただ燃やされているケースも多いようです。
貴重な有機質資材なのでもったいないのですが、
おかげでうちが安く(無料で)分けてもらえるのだから
複雑な気分・・・・
 
 
 
 
 
posted by 鶴岡農園 at 20:28| 桃編

2008年09月24日

地味な作業ですけど重要なんです。

リンゴは「ふじ」の葉摘み作業まで少し間があります。
今日は桃の秋剪定
 
収穫が終わったばかりで、なんとなく気持ちの盛り上がりにかける時期ですが、
枝葉に満遍なく日が当たるようにするために大切です。
 
blog0924-1.jpg
 
今日は風が冷たいくらいでした。
いよいよ秋本番かな。
posted by 鶴岡農園 at 21:22| 桃編

2008年09月02日

夏の終わりとともに・・

夏の終わり・・といっても、また残暑が厳しくなってきたこの頃ですが・・・
 
うちの桃は終了しました。
 
大雨と、その後の暑さで、桃がどんどん熟していって、去年より
9日も早く採り終わりました。
 
blog0902.gif
 軽トラの荷台での選果作業

川中島白桃の収穫期間は9日間でした。
白鳳やあかつきと合わせても20日間くらい。
あっという間だなぁ。
posted by 鶴岡農園 at 19:28| 桃編

2008年08月29日

大雨ですね。

 
東海や関東で記録的豪雨
 田んぼの稲が水没している映像が少し流れていましたが、やはり職業柄、農作物被害が気になります。
飯綱町は水害や台風害が少ない方なのですが、それでも「明日はわが身」という 怖さはあります。
 
今回もこちらではそれほどの大雨ではなかったのですが、これくらい雨が続くのは珍しいです。
 
一般に農作物は好天で食味があがり、雨で下がるとされています。
理屈ではそうなのですが、実際は理屈どおりにはいかず、晴天が続いても、美味しくないこともあれば、雨中で収穫したものがとても甘かったり。
 
なかなか自然は難しいものですが、でも、晴れて欲しいな・・
 
 blog08029.jpg
 
発送準備中。
 
 
 
 
 
posted by 鶴岡農園 at 18:32| 桃編

2008年08月20日

最近雨が多いですね。

blog0820.jpg
 
川中島白桃の葉摘み作業を進めています。
白鳳の時期はまったく雨が降らなかったのに、白桃の袋をはがした後、連日の大雨で、それでなくとも自然落果しやすい川中島にはありがたくないです。
 
一方で、お盆過ぎからグッと朝夕は涼しくなり、昼間も一時期の強烈な暑さはなくなりました。
 
これが長野の良さですねぇ。
 
暑さがやわらいで過ごしやすくなると、不思議と気持ちまでポジティブになるようです。
 
posted by 鶴岡農園 at 20:04| 桃編

2008年08月12日

お次は川中島白桃です。

blog0812.jpg
 
白鳳の収穫が落ち着いてきたところ、今度は川中島白桃の袋をはずします。 
 
ん〜白鳳と違いがわからない・・・
 
ここ何日か全然雨が降ってません。夕立でもあるといいです。
 
posted by 鶴岡農園 at 18:01| 桃編

2008年08月06日

白鳳の収穫の様子です。

blog0806.jpg
 
桃の適熟期は短く、白鳳は特にシビアです。
採り遅れがあると、やわらかくなって、運搬に耐えられなくなります。
かといって早採りもマズイ。
ほとんど一個一個確認しながら採る果実を選びます。
早朝だけど、頭使わなくちゃ・・・
posted by 鶴岡農園 at 20:35| 桃編

2008年08月03日

「なつき」という桃です。

blog0803-2.jpg
 
長野県生まれの早生の桃「なつき」ちゃんです。
これも少ししかないため、通信販売はしていません。
 
白鳳の収穫も始まります。
posted by 鶴岡農園 at 15:13| 桃編

2008年07月29日

晴れて良かった・・・

梅雨明け後も雨が続いて、少し心配していましたが、
今日は気持ちの良い晴れ間がのぞきました。
ひところに比べて暑さもやわらぎ、作業もしやすいです。
 blog0729.jpg
桃は駆け足で熟していくので、葉摘み作業にいそしみます。
ひとつひとつ光をさえぎる葉っぱを取っていきます。
 
posted by 鶴岡農園 at 21:19| 桃編

2008年07月27日

夕立が多くなりましたね。

今日は、太陽の光を地上から反射させるための反射シートをしいていたのですが、
激しい夕立にあって断念しました。
いかにも降りそうな雲行きで、
「来るだろうな・・・・」
と思ってたんですが・・・
 
気温が高いときの雨は、病原菌の好物。
病害が発生しないか少し心配。
最近、こんなことばっかり言ってる気もしますが・・・
去年、林檎で痛い目にあったので、神経質になっています。
 
 
blog0726.jpg
 
休憩時間に桃にパクリ!
あ、これは「赤宝」という早生の品種で、家には小さい樹が一本しかありません。
(植えたばかりの苗は何本かありますが)
出荷対象ではないので悪しからず・・・・・(_ _)

 
blog0724.jpg
 
こちらは二重袋を一枚はいだ状態の白鳳。
最初は光をさえぎる袋が上にかかっているのですが、その外袋だけはいで
透明な内袋だけ残し、
このまま収穫を迎えます。
雨にうたれることがないので、品質の向上に役立つそうです。
試験的に使っています。
posted by 鶴岡農園 at 16:48| 桃編

2008年07月23日

一番草刈りが大変な時期です。

blog0723.jpg
 
梅雨に雨をたっぷり吸った後でこの陽気だから雑草はグングン伸びる!
果実の重みで枝が垂れ下がるから枝の下は刈りにくいのなんのって。
枝を支える支柱が増えてよけるのが大変
おまけに日中は暑い!
 
そんなこんなでこの時期の草刈りは難行です。
 
早朝の涼しいときにやれれば良いのですが、
朝露で草が濡れていると、刈りづらく、機械に負担がかかってしまうので、なるべくならやりたくない・・・
 
でも中生種の収穫までは、もう草刈りはいらないと思います。
良かった・・・わーい(嬉しい顔)
posted by 鶴岡農園 at 19:14| 桃編

2008年07月22日

そろそろお目見え

blog0722.jpg
ようやく袋をはずして、白鳳のお目見えです。
 
これから2週間足らずでグングン大きくなります。
 
きれいな赤色になーれ!
 
 blog0722-2.jpg
なかにはこんなパツンパツンなのも・・・
 
posted by 鶴岡農園 at 00:00| 桃編

2008年07月02日

やっと終わった・・・

blog0702-2.jpg
 
袋掛けは、急ぐほどちゃんと袋がかからなかったりして、イライラしてしまいます。
 
あせらず、確実に・・・
 
言い聞かせながらようやく終わりました。
 
 
 
 
 
 
 
posted by 鶴岡農園 at 00:00| 桃編

2008年06月26日

桃の種

あの硬い桃の種も、今はこんなちっちゃくてやわらか。
現在は硬核期と呼ばれる時期で、
これからどんどん硬くなっていきます。
 
 blog0625.jpgblog0625-2.jpg


 
 
 
 
 
 
 
 
 
blog0625-3.jpg

 
 
 
 
 
 
 
posted by 鶴岡農園 at 21:04| 桃編

2008年06月24日

袋かけ開始!でござる

 
blog0624.jpg
桃の袋かけを始めました。
 
そろそろ始めようと思ってからの連日の雨で、病害が拡がりやしないかとヒヤヒヤしてました。
 
袋をかけると、虫や病害にやられたり、風雨によって傷つくリスクがかなり減るので、ここまで来ると、ひとまずホッとします。 
 
といっても一日で全部かけることはできないので、あと数日頑張らなくては・・・パンチ
 
二人でかけて、一日3000枚くらいです。
遅いかなぁ・・・
 
袋をかけながら、最終的な摘果もしているのです。・・・て、言い訳?
 
 
 
posted by 鶴岡農園 at 20:36| 桃編

2008年06月23日

ちょい暗いお話

あまりおもしろくない話かもしれませんが、なるべく、栽培に関わることを幅広くお伝えしようというのが、このブログおよびホームページの趣旨なので、ご理解願います。
 


近年、ここいらの桃団地で、若い樹を中心に、桃の樹が枯れていく事例が多発しています。
 
断定はできないのですが、胴枯病が原因と見られます。


胴枯病は、本来感染力は弱いのですが、樹体に傷があると、そこから病原菌が侵入し、その後急速に樹全体に拡がります。
侵入場所となるのは日焼けの跡や、害虫の侵入跡、そして凍害によってできた樹の裂け目です。
現在主に問題となっているのは、凍害による裂傷が原因となって感染するケース。


これも断定はできませんが、以下のようなことが原因とされています。

 
続きが読みたい!
posted by 鶴岡農園 at 18:19| 桃編

2008年06月16日

これは桃ではありません。

blog0616.jpg
そりゃ誰でもわかりますが、それではいったい何でしょう?
 
これは「のびろ」です。
 
一般には「のびる」と呼ばれているけど、この辺りでは「のびろ」です。
 
桃園にもけっこう生えてて、草刈りしても、超高速でまた伸びてきます。
 
春にはたまに引っこ抜いてって、ゆでて食べます。
 
この時期になると、頭の方はこんな風になります。
 
 
梅雨なのに雨は降らず、水分不足がちょい心配。
 
でも、仕事が遅れ気味のわが農園では、仕事がはかどるのでありがたい。
 
草も伸びないから、草刈りに追われることもないし。
 
というわけでちょっと複雑な気分のこの頃です。
posted by 鶴岡農園 at 19:16| 桃編